メニュー

野並どうぶつ病院

TEL 052-896-1123   FAX 052-896-1171   E-mail info@nonami-ah.com

院内設備の紹介

フジドライケム7000V

血液検査を行います。肝臓や腎臓、膵臓や炎症などを測定します。一度に5検体の検査が可能ですので、迅速に結果をお伝えできます。

IDEXX プロサイトとベットラボステーション

下の危機は血液検査を実施するプロサイトと言います。血液中の赤血球や白血球を測定し、貧血、脱水、炎症の程度や種類などを評価します。通常、白血球の分類は困難ですが、この機器では白血球の分類が可能で診断に有用です。 上に乗っている機器は、実施した血液検査データをまとめるベットラボステーションです。電子カルテと連動しているので、電子カルテでも血液検査結果が閲覧可能となります。

IDEXX カタリスト

この機器は血液検査を実施する機器です。腎臓や肝臓、膵臓や炎症などを検査することができます。

シーメンス クリニテックス ステータスプラス

尿検査を実施します。迅速で正確に尿検査を実施することが可能です。腎臓から漏出する蛋白質も検出できます。

顕微鏡

細胞の検査や尿検査、検便などを行います。
上部に連結しているタブレットで画像を確認できます。

エルベ VIO300(電気メス&血管シーリング)

手術中の出血を抑制する機器です。通常は糸で血管を結んでから切断しますが、この機器では糸で結ばなくても7mmまでの血管を熱で塞ぐことが可能です(血管シーリング)。糸によって体の中に炎症が起こることがあるため、当院では血管をこの機器で塞いで手術を実施しています。

動物用超音波手術器 ソノキュア 

超音波を使用して軟部組織や骨を融解し吸引する機器です。 この機器を使用することにより神経や血管を温存しながらその周囲の組織を切除することができるため、より安全に手術を行うことができます。肝臓や副腎の手術、椎間板の手術で使用することが多い機器です。

心電図、麻酔器、人工呼吸器

麻酔をかけて手術をする際に必要な機器です。 当院では2台ずつ使用しています。

内視鏡

胃や食道、十二指腸を観察することができます。また、胃内にある小さい異物を除去することができます。それぞれの臓器の細胞を採取し診断に使用する場合もあります。

動物用集中治療室

重症な患者さんや、より酸素が必要な患者さんに使用します。温度、湿度、酸素濃度などを調節することが可能です。

自動薬剤分包器 ユヤマ MiniR-45

薬剤を分包する機器です。この機器では錠剤だけでなく、粉薬も自動で分包が可能なため、迅速で正確に薬剤をお出しすることができます。

レントゲン撮影機

レントゲンを撮影する機器です。動物用なのでスムーズな撮影が可能です。

コニカ CR

撮影したレントゲンをデジタルデータとしてパソコンで表示します。

電子カルテ アニコムクラウド

当院では数年前より電子カルテで診療しています。電子カルテにすることによって、情報の共有や会計の迅速化、画像の保存などのメリットがあります。

OsiriX

画像をファイリングするシステムです。様々な画像を患者さんごとに保存します。

超音波診断装置(エコー)アロカ α-6

超音波によって腹部臓器や心臓の内部を確認することができます。検査中は痛みはなく、様々な疾患の診断に役立ちます。

スリットランプ 

目の疾患を診断する際に使用します。明るく、拡大して眼を見ることができます。

トノベット

眼圧を測定することができます。緑内障やぶどう膜炎など、眼圧が変化する疾患の診断に使用します。

AP水生成機

AP水という中性電解水を生成します。安全性も殺菌力も十分な消毒薬です。

手術用ドリル

骨折の手術などで使用するシステムです。ピンやネジを挿入する時に使用します。また、当院ではMatrixシステムとLCP1.5システムという従来の骨折用プレートよりも強固で、尚且つ血行障害を最小限に抑えるプレートを使用して骨折の手術を実施しています。

ページのトップへ戻る

Nonami Animal Hospital

野並どうぶつ病院

〒468-0045
名古屋市天白区野並3丁目484

TEL:052-896-1123
FAX:052-896-1171
E-mail:info@nonami-ah.com

メニュー このページのトップへ