メニュー

野並どうぶつ病院

TEL 052-896-1123   FAX 052-896-1171   E-mail info@nonami-ah.com

予防接種

猫ちゃんの予防

猫ちゃんに行なっていただきたい予防は@混合ワクチン接種 Aノミ・ダニ予防 B避妊手術・去勢手術 C消化管内寄生虫予防の4つがあります。

@混合ワクチン接種:年1回

混合ワクチンは感染力が強いウィルス疾患や死亡率が高いウィルス疾患からネコちゃんを守るために年に1回行います。
空気感染や人や物を介して感染する場合もあるのでお外に行かないネコちゃんも予防接種することをおすすめします。また、お外に行く場合や2匹以上のネコちゃんを飼われる場合は特に予防接種の必要があります。当院では3種混合ワクチンと5種混合ワクチンがあります。

Aノミ・ダニ予防:通年(特に4〜11月)

ネコちゃんにノミ・ダニが寄生すると皮膚病や様々な感染症になる可能性やお家の中で繁殖してしまう可能性があるので、お外に行くネコちゃんや新しくネコちゃんを迎え入れる場合は予防することをお勧めします。予防薬には次の種類があります。

B避妊手術・去勢手術:6か月齢より

避妊手術・去勢手術にはメリット・デメリットがあります。手術は6か月齢以上で体重が2.5s以上のネコちゃんで実施可能です。事前に身体検査、ワクチン接種、血液検査などが必要になります。
詳しくは「手術のご案内」の「去勢手術について」と「避妊手術について」をご覧ください。

C消化管内寄生虫検査・駆除:お家に来た時

ネコちゃんが初めてお家に来た時には検便をおすすめしています。便の中に寄生する虫のなかには重篤な症状を示すものや、感染力の強いものがあります。特に子ネコの時期にはかかりやすく、知らずに生活しているうちに同居しているネコちゃんまで感染することがあります。
検査は新鮮な便を小指の先くらいラップなどに包んでもってきていただければ約15分で実施できます。
寄生虫は内服薬や背中に滴下することによって駆虫することが出来ます。

ワンちゃんの予防

ワンちゃんで行なっていただきたい予防は@フィラリア予防 A混合ワクチン予防接種 B狂犬病予防接種 Cノミ・ダニ予防 D避妊手術・去勢手術 E消化管内寄生虫予防 の6つがあります。

@フィラリア予防:予防期間5月〜12月

蚊によってワンちゃんの心臓に細長い虫(フィラリア)が寄生し、重篤な心臓病の症状を引き起こします。一度かかってしまうと治療は困難な病気です。
予防法は、フィラリアに感染の有無を1年に1度血液検査で確認したうえで予防薬を5月から12月まで月1回与えていただきます。
予防薬には様々な種類があり、ご相談によって決めさせていただきます。

A混合ワクチン接種:年1回

混合ワクチンは感染力が強いウィルス疾患や死亡率が高いウィルス疾患からワンちゃんを守るために年に1回行います。
ワンちゃん同士で遊んだり、ペットホテルやドックランによく行く場合は特に接種の必要があります。当院では5種混合ワクチンと9種混合ワクチンがあります。

B狂犬病予防接種:年1回(特に4〜6月)

法律によって90日齢以上のワンちゃんは毎年1回(4〜6月が多いです)狂犬病の予防接種を受ける必要があります。
当院では名古屋市の方で名古屋市からの狂犬病予防接種のおハガキをご持参していただいた場合、接種した際に即日で手続きが可能です。以前は狂犬病予防接種後に12ヶ月してから証明書や済票をお渡ししていましたが、すぐにお渡しできるようになりました。

Cノミ・ダニ予防:通年(特に4〜11月)

ワンちゃんにノミ・ダニが寄生すると皮膚病や様々な感染症になる可能性があります。
予防薬には背中に滴下するタイプと内服するタイプがありますが、予防薬によって1〜2ヶ月に1回の使用で予防できます。ダニは年中発生する可能性があるので、一年中予防していただくのが理想ですが、ノミは気温が13℃以上になると発生すると言われていますので、少なくとも暖かい季節は予防をおすすめしております。
ノミダニ予防には以下の予防薬があります。

D避妊手術・去勢手術:6か月齢より

避妊手術・去勢手術にはメリット・デメリットがあります。手術は6か月齢以上で体重が2.5s以上のワンちゃんで実施可能です。身体検査、ワクチン接種、血液検査などが必要になります。
詳しくは「手術のご案内」の「去勢手術について」と「避妊手術について」をご覧ください。

E消化管内寄生虫検査・駆除:お家に来た時

ワンちゃんが初めてお家に来た時には検便をおすすめしています。便の中に寄生する虫のなかには重篤な症状を示すものや、感染力の強いものがあります。特に子犬の時期にはかかりやすく、知らずに生活しているうちに同居しているワンちゃんまで感染することがあります。
検査は新鮮な便を小指の先くらいラップなどに包んでもってきていただければ約15分で実施できます。
寄生虫はお薬を内服したり、背中に滴下することによって駆虫することが出来ます。

ページのトップへ戻る

Nonami Animal Hospital

野並どうぶつ病院

〒468-0045
名古屋市天白区野並3丁目484

TEL:052-896-1123
FAX:052-896-1171
E-mail:info@nonami-ah.com

メニュー このページのトップへ